ことものめも

調べたコトをまとめ、買ったモノをメモするブログ

ダンヒル(dunhill)の万年筆を偶然入手 金ニブの素晴らしい書き味でトラベラーズノートの常駐ペンとなる

トラベラーズノートを利用するようになり、筆記具として”万年筆”を利用するようになりました。
とはいえ、万年筆を趣味にすることはせず、安価な鉄ペンを数本入手し愛用してきました。

そんな万年筆を使い始めたある日、自宅のダンボールの中から金色に光る万年筆が出てきました。
ペン先に”よくわからないメーカーの名前”と”585”の数字、キャップの根本にGERMANYの刻印。

時代は便利で、数少ないキーワードだけでもこの万年筆が”dunhill”のものだと判明しました。
また、奇しくも手元にない金ニブの万年筆だったのです。


スポンサードリンク



続きを読む

OLYMPUS OM-D E-M1 レビューその2 メリットとデメリットを考える

OLYMPUS OM-D E-M1を利用し続けて早数ヶ月が経過しました。
メリットである小型軽量な点や、手ぶれ補正の優秀さには大変満足しているところですが、やはりデメリットも見えてくるものです。
そんな点を記事にしていきたいと思います。


スポンサードリンク



続きを読む

OLYMPUS OM-D E-M1に”SIGMA 30mm F1.4 DC DN”を購入したのでファーストレビューする

E-M1を再導入することになり、個人的な最高峰レンズ”NOKTON 42.5mm F0.95”も再導入したのですが、明るいオートフォーカスレンズもないと何かと不便だということで、パナソニック製の「LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4」を検討していました。

ところが、マイクロフォーサーズマウントのレンズを検索していると、シグマから「SIGMA 30mm F1.4 DC DN [Contemporary]」が発売されていることを知りました。
F値が2.8のArtラインが発売されていることは知っていましたが、こちらのレンズの発売は見逃していたのです。
ニコンマウントを利用している中でもシグマレンズの写りの良さは実感していましたので、一気に購入候補となりました。
今日はそんなお話です。


スポンサードリンク



続きを読む