こともの

調べたことをまとめ、買ったものをレビューするブログ

カメラ

OLYMPUS OM-D E-M1に「K&F Concept®」のマウントアダプターをAmazonから購入しニコンのレンズを使用する

記事作成現在、メインのカメラマウントはマイクロフォーサーズ規格の”OLYMPUS OM-D E-M1”を使用しています。 優秀な手ぶれ補正と十分な画質、小型軽量なシステムから、すっかりと手に馴染んできた感があります。 ただ、望遠域の明るいレンズの選択肢は非常に…

OLYMPUS OM-D E-M1 レビューその2 メリットとデメリットを考える

OLYMPUS OM-D E-M1を利用し続けて早数ヶ月が経過しました。 メリットである小型軽量な点や、手ぶれ補正の優秀さには大変満足しているところですが、やはりデメリットも見えてくるものです。 そんな点を記事にしていきたいと思います。 スポンサードリンク (a…

OLYMPUS OM-D E-M1に”SIGMA 30mm F1.4 DC DN”を購入したのでファーストレビューする

E-M1を再導入することになり、個人的な最高峰レンズ”NOKTON 42.5mm F0.95”も再導入したのですが、明るいオートフォーカスレンズもないと何かと不便だということで、パナソニック製の「LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4」を検討していました。ところが、マイク…

カメラバッグとして”ブロガーズトート”をレビュー トートバッグは究極のカメラバッグだった

ブロガーズトートをご存知でしょうか。 あの(どの?)マニアックな消費者のアイデアをカタチにするプロジェクト「スーパーコンシューマー」で「女性ブロガーのまつゆう*さん」が中心となり開発されたトートバッグです。 superclassic.jp名前の通り”ブロガー…

ミラーレス一眼「オリンパス OM-D E-M1」の再購入に伴うレビュー 手ぶれ補正と静音撮影が秀逸なフラッグシップ機

現在、デジタル一眼レフカメラ「ニコン D750」を使用しており、その写りには文句のつけようもありません。 ただ、やはり一眼レフを日常使いするにはその大きさがネックとなり、持ち運びや取り回しに躊躇することが出てきます。 また、北国の冬は着るものも増…

ニコンのデジタル一眼レフカメラをニコンピックアップサービスを利用して修理する流れをまとめ

ニコンのカメラやレンズを修理に出す場合、ニコンピックアップサービスを利用すれば送料を抑えることができます。 私も過去に何度か利用したことがあるのですが、つい最近あらためて利用してみると、ちょっと流れが変わっていましたので、簡単に流れを説明し…

SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art が発売開始!前評判以上の超最強ポートレートレンズ誕生

遂にシグマから「SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art」が発売されました。 引用元:SIGMA GLOBAL VISION シグマのArtシリーズは光学性能を最優先とした写りに定評のあるシリーズで、発売されるレンズはいずれも高評価を得ています。 この85mmも発売前から各所…

三脚や雲台のネジ穴の大きさを変更変換したい時はハクバ「止めネジアダプター」で万事解決

カメラに三脚は付き物です。 鉛筆と消しゴムくらいの付き物です。 …そこまでではないかもしれませんが。今日は三脚や雲台のネジ穴の大きさの話です。 ネジ穴の大きさが違う商品を組み合わせる時に使う商品が「止めねじアダプター」です。 価格はものすごく安…

オリンパス OM-D E-M1 MarkII 発売決定!同時にキャッシュバックキャンペーンも開催

遂にというか、やっとオリンパスの「OM-D E-M1 MarkII」が発表されましたね。 引用元:https://www.olympus-imaging.jp/ オリンパス ニュースリリース: 「OM-D E-M1 MarkII 発売記念 キャッシュバックキャンペーン」実施 「OLYMPUS Photo Festa 2016」開催…

インターネットブラウザにChromeを利用している写真好きなら拡張機能「EXIF Viewer」を導入すべき理由

写真…好きですか!?写真やカメラを趣味にしていると、色々な所や人の写真を見て回る機会が多くなると思います。 現代はインターネットを利用すれば、それこそ世界中の素晴らしい写真が見放題ですので、とてもいい時代になったものだとしみじみ思います。 そ…

フルサイズ一眼レフカメラ「Nikon D750」をレビュー!ミラーレスカメラ全盛の時代にあえて一眼レフカメラを選ぶ理由

世の中はすっかりミラーレスカメラに傾きつつあります。 「パナソニックG1」から始まったミラーレスカメラも十分に育ち、もはや画質の差は無いと言っても過言ではありません。 そんな、ミラーレス時代にあって、あえてNikon D750を購入しましたので、レビュ…

とれるカメラバッグライトグレーをレビュー!まさに取れる・撮れる、カメラバッグの新しい形を体感する

先日、ひらくPCバッグととれるカメラバッグを購入したことを記事にしました。 kotomono.hatenablog.comさらに、ひらくPCバッグのレビューもしてみました。 kotomono.hatenablog.com今回は、「とれるカメラバッグ・ライトグレー」のレビューを連々としてみた…

ひらくPCバッグをレビュー!PCバッグとしてはもちろん、カメラバッグとしても秀逸のショルダーバッグ

スーパーコンシューマーを代表する製品と言っても過言がないでしょう、ひらくPCバッグは。 前回記事で、「ひらP」と「とれカメ」を購入したことを記事にしました。 kotomono.hatenablog.com 今回は、ひらくPCバッグを購入しましたのでレビュー記事にしていき…

「ひらくPCバッグ」と「とれるカメラバッグ」の贅沢使い!スーパーコンシューマー製品にハズレ無し!

過去に「とれるカメラバッグ」のレビュー記事を書いたことがある通り、とれるカメラバッグのユーザーでした。 conalog.hatenablog.jp そう、「でした」なのです。 スナップ撮影に抜群の相性であるとれカメでしたが、DOMKE F-1Xとの出会いにより使用頻度が激…

「SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art」が発表されたので、現行各社の85mmをまとめてみる

シグマからArtラインの85mmが発表されました。85mmといえば、伝統的なポートレートレンズですので、人物撮影をメインとする方には必ずと言ってもいいほど必要なレンズになってきます。 私も子供達を撮影する関係上、必要となってくるレンズなのですが、最近…

DOMKE(ドンケ)はカメラバッグの原点にして最終地点!F-1X,F-2,F-6BBのユーザーがDOMKEをまとめる

とても機能的で使い勝手のいいDOMKEのカメラバッグですが、その種類の豊富さからどのバッグが自分にあっているのかがわかりづらいこともあります。 また、サイズと型番が一定ではありませんので、更にわかりにくさに拍車がかかっています。 DOMKEのカメラバ…

カメラバッグnadowaのVélo(ヴェロ)をレビュー!軽量大容量なショルダーバッグの決定版!

ショルダータイプのカメラバッグを好んで使っていますので、同じようなカメラバッグを複数所有しています。 先日もAcru アオイロのボノをレビューしましたが、今回はnadowaナドワのveloヴェロの使用感等をレビューしていきます。 軽くてシンプルなカメラバッ…

愛用のミラーレスカメラ富士フイルムX-T10は100点満点ではないけれど120点をあげたい

カメラが趣味で、デジタルカメラはニコンのD70sから使っています。 デジタル一眼レフカメラはニコンのフルサイズから、キヤノン、ソニー、ペンタックス。ミラーレスカメラは、ニコン、ソニー、オリンパス、パナソニックと色々使ってきました。 それぞれのメ…

オシャレで機能的なカメラバッグ Acruのアオイロのボノを熱くレビュー!

カメラバッグ沼に片足どころか頭までどっぷり浸かっている私ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。 デジタルカメラの普及が一回りして、今やスマホカメラが全盛期ですので、デジタルカメラをあえて持ち運んだり、カメラ専用のバッグを購入するなんて時代…

ふとした瞬間にFUJIFILM X-T10 今日は空を撮りました

#xt10 #xf56apd #xf56mm #sky #clouds #空 #雲 @strawberrynewsが投稿した写真 - 2016 7月 15 1:17午前 PDT FUJIFILM X-T10 FUJINON XF 56mm F1.2 R APD今は誰でもスマホで気軽に写真を取る時代ですから、大きなカメラを持ち出すのも馬鹿らしいですが。 それ…

ブログにインスタの写真を埋め込みするなんて思いもしませんでした

このブログはこの7月に始まったばかりですが、別ブログも合わせて写真ブログは長めに続けてきました。 これからはこちらのブログに写真も載せていこうかと思い、写真カテゴリを作ってみました。 #xt10 @strawberrynewsが投稿した写真 - 2016 7月 13 5:31午…

トキナーがフルサイズ一眼レフ用交換レンズ「AT-X 24-70 F2.8 PRO FX」を発表

株式会社ケンコー・トキナーがフルサイズ一眼レフ用の標準大口径レンズを発表しました。www.tokina.co.jp各社から同等の焦点距離のレンズは発表されており、最後発のレンズとなります。それだけに、素晴らしい描写性能が求められるとともに、他社にはない何…