こともの

調べたことをまとめ、買ったものをレビューするブログ

フレンチプレス用にハリオ セラミックコーヒーミル・スケルトンを購入!手挽きもまったく苦にならない

フレンチプレス用を利用してコーヒー生活を送っているのですが、フレンチプレスにはコーヒー豆の鮮度が重要ということで、コーヒーミルまで購入し、コーヒー豆を挽いています。
というのが、先日の記事です。
kotomono.hatenablog.com

利用中のコーヒーミルの簡単なレビューをしていきます。


スポンサードリンク



コーヒーミルには大まかに分けて手動と電動

電動といってもお手頃価格のものがあり、決して高価なものではありません。その上、簡単に豆を挽いてくれますので、手動が手間と思う方は電動ミルを検討した方がいいです。
ただ、一般家庭では一度に大量にコーヒーを挽くわけでもありませんし、手動ミルでも簡単に豆を挽くことはできますので、個人的には手動ミルをオススメします。

ハリオ セラミックコーヒーミル・スケルトンを購入

手動ミルといってもその種類は多岐に渡ります。
材質や容量等、自分にあったものを好きなようにチョイスすればいいのですが、唯一オススメしないのは木製のミルです。
雰囲気バツグンの木製ミルですが、実用性という面ではオススメできません。
それは、木の部分のメンテナンス性です。
ガラスや、プラスチックと比べて考えてもらうとわかると思うのですが、木製ミルだと細かいコーヒーの粉が木の部分にふれる際に、木の部分にこびりつくようになってきます。
また、水洗いできないものもあり、できる場合でもいざ洗うとなると乾燥にも気を使うことから、木製ミルは手間がかかります。

という点もふまえ、コーヒ豆の受け部分がガラス製の「ハリオ セラミックコーヒーミル・スケルトン」を購入しました。

ハリオ セラミックコーヒーミル・スケルトンのレビュー

#xf56mm #xt10 #xf56apd #hario #coffee

@strawberrynewsが投稿した写真 -

見た目はあまり可愛げがありませんが、そのまんまるとしたフォルムのおかげで”挽く”という仕事は抜群に上手です。
持ちやすく、力の入りやすい形ですので、いともたやすくコーヒー豆を挽くことができます。
さらに、豆を投入する部分は蓋が出来ますので、挽いている最中に中の豆が飛び出すこともありません。
また、メンテナンスも容易で、ほぼ全てのパーツが取り外せ丸洗い出来ますので、衛生面もバッチリです。

手挽きが好き

手挽きって何か良いんです。
これから、そう、コーヒーを淹れて飲むぞ!っていう儀式のようで。
今日もまた、コーヒーを飲みましょう。


以上、『フレンチプレス用にハリオ セラミックコーヒーミル・スケルトンを購入!手挽きもまったく苦にならない』でした。