こともの

調べたことをまとめ、買ったものをレビューするブログ

dodocool ソーラーバッテリー チャージャー 4200mAhをレビュー!モバイルバッテリーの新しい形を体現する商品

ポケモンGOの一大ブームとともに注目を集めたモバイルバッテリー界隈ですが、複数のガジェットを持ち歩くようになるとモバイルバッテリーは必須となってきます。
私の場合は、通信をMVNOにしたことによって、モバイルルーター代わりのスマホを持ち歩いているので、モバイルバッテリーが欠かせません。
すでに10,000mAhと5,000mAhの通常のモバイルバッテリーは持っているのですが、ソーラーバッテリー チャージャーの使用感を確かめてみたかったので「dodocool」から発売されている2種類のソーラーバッテリーチャージャーを購入してみました。

今回はそのうちの一種「4,200mAh」のソーラーバッテリー チャージャー をレビューしてみたいと思います。
f:id:StrawberryNews:20160913172446p:plain


スポンサードリンク



開封の儀

まずは恒例の開封の儀から
f:id:StrawberryNews:20160830094826j:plain
商品の元箱は最近のトレンドに乗っ取り、シンプルで無駄のない物になっています。
どの商品も一貫したデザインで安心感とともに好感も抱かれます。

f:id:StrawberryNews:20160830094911j:plain
裏面には諸元が記載されており無駄がありません。

f:id:StrawberryNews:20160830095004j:plain
外箱を開封した様子です。
外箱いっぱいに商品が詰まっており、緩衝材の必要が無い構造になっています。
また、きちんとビニールが巻いてあり、小キズの防止に役立っています。

f:id:StrawberryNews:20160830095311j:plain
同封品はmicroUSBと説明書だけと、実にシンプルです。
無駄な同封品を増やすことによって価格に反映されてしまうと意味が無いので、これくらいシンプルだと嬉しく思います。

外観はしっかりとしているが、ソーラーパネルの大きさと比例してサイズは大きめ

4200mAhのバッテリー容量のモバイルバッテリーと比べるととても大きなサイズの商品になります。
f:id:StrawberryNews:20160830095338j:plain
もちろん、サイズの肥大化はソーラーパネルを多く積むためには必要なのでしかたがないところですが、大きさの割にすぐに充電がなくなるのでちょっと期待はずれなところです。
実際、5000mAhの普通のモバイルバッテリーは、このソーラーバッテリーチャージャーと比べると半分以下の体積ですので、普通に使う分には利点が見いだせません。

肝心のソーラー発電は?!

f:id:StrawberryNews:20160830095424j:plain
ソーラーパネルの反対側には太陽の方向に角度を調節できるよう、折り畳み可能な金属ホルダが付属しているため、商品単体で発電にベストな角度に調節することが可能です。
発電が開始されると、本体側面に付いているLEDランプが点灯するので、発電の機会を見逃すこともありません。
ただ、肝心の発電効率はまったく期待できるものではありませんでした。
具体的には、晴天時の屋外に一日放置してみても、内蔵バッテリーの4分の1も発電してくれませんでした。
本体のサイズはiphone SE程度ですので、それに付属したソーラーパネルの大きさ程度では効率的な発電量を求めることは難しいのでしょう。
ですので、ソーラー発電に期待をしてこの商品を購入すれば、ちょっと期待はずれ…というのが正直な感想です。

ソーラー発電は手放しで面白い

ただ、その貧弱な発電効率とは裏腹に、ソーラー発電自体はとても楽しめるものです。
「電気はコンセントから給電するのが当たり前」なわけですから、ただ外に置いておくだけで充電されていく様子は愛おしくさえ感じます。
メインのモバイルバッテリーとして利用するのではなく、平日は充電に勤しんでもらって休日だけ使うなんていうノンビリとした使い方が正解なんじゃないかと思います、はい。
ただ、普通のモバイルバッテリーのように充電用の端子を利用してコンセントから充電することも出来ますので、普通のモバイルバッテリーとして使っても何ら問題ありませんよ。

おまけ程度の付属ライトが実は便利なことに気が付く

本体のスイッチを二度押しすると、付属のLEDライトが点灯します。
結構侮れないほどの光量で、手持ちにライトがない場合には重宝するかもしれません。
ただ、今の時代、ほとんどのスマホにもライト機能はついていますので、スマホを持っていないけどソーラーバッテリーチャージャーを持っている…というシチュエーションはなかなか無いかもしれませんが…。

アウトドアや災害時用としての活躍の場があるか

実は同じような構造であるソーラーとライトが付いたモバイルバッテリーは増えてきています。
それは、アウトドアや災害時に使用するものとして売り出している商品になります。
電源のないキャンプ場での利用や、災害時のバッテリーとしての売り出しです。
確かに、そのような用途であれば、心もとないソーラーパネルだとしても無いよりもマシかも知れません。
それでも個人的な感想としては、このサイズのソーラーパネルではスマホ一台も維持出来ないというのが正直なところです。
もし、それらの屋外・非常用としての電源を考えるのであれば、同じくdodocoolのソーラーバッテリーチャージャー10,000mAhをおすすめします。
f:id:StrawberryNews:20160913213247p:plain
こちらの商品はイザという時でも十分に仕事をしてくれる商品になっています。
また、別の記事でレビューをしてみたいと思います。

まとめ

dodocoolのソーラーバッテリーチャージャーを紹介してきましたが、通常のモバイルバッテリーにおまけ程度のソーラーパネルが付いていると考えれば十分に楽しめるかと思います。
ただ、通常の販売価格は3,000円程度と、この価格に見合う価値が有るかというと疑問が残るところです。
私も場合は、Amazonでのタイムセールとクーポンの2重使いで千円以下で購入できましたので、十分に楽しめています。
太陽の日差しが出てくるとソーラーパネルを設置するという作業は、単純に面白いものですので、これからも続けて行きたいと思います。


以上、『dodocool ソーラーバッテリー チャージャー 4200mAhをレビュー!モバイルバッテリーの新しい形を体現する商品』でした。