ことものめも

調べたコトをまとめ、買ったモノをメモするブログ

スマホ全盛時代に、あえて手書きの手帳を使うという選択肢!トラベラーズノートは自由という名の考える手帳だった

手書きの文化は今やすっかり廃れつつあり、現代は仕事以外のPC利用さえも機会がなくなってきています。
まさにスマホ全盛時代です。
スケジュール管理からゲームまで、全ての役割がスマホに奪われていっています。

そんなスマホ時代だからこそ、私はあえて手書きの手帳として「トラベラーズノート」を使っています。
f:id:StrawberryNews:20161105170758j:plain
今日はそんなお話です。


スポンサードリンク



トラベラーズノートをレビューする

手帳を選択した理由

パソコンが一般家庭にも普及するようになってからは、仕事でもプライベートでもパソコンやスマホで用事を済ます機会が多くなっており、手書きで文字を書く機会がすっかり少なくなっていました。
かといって、全ての事柄をパソコンやスマホで解決できるはずもなく、いざ手書きで文字を書こうとした場合には漢字が思い出せなかったり、文字を書くこと自体に自信がなかったりするわけです。
そんなこともあり、手書きの機会を増やすという目的のために手帳を持ち歩くことを考え始めました。

手帳の代表選手「ほぼ日手帳」を選ばず、「トラベラーズノート」を選んだ理由

「手帳」とGoogleで検索すると、一番上に表示されるのは「ほぼ日手帳」です。
それほど、圧倒的に指示を集めている手帳がほぼ日手帳になります。
いざ手帳を検討してみた時、もちろんほぼ日手帳も選択肢には入っていました。
ただ、紙が薄いというネガディブ意見をよく聞くのと、一定の様式しか選択肢が無い点が購入にブレーキをかけました。
その点、トラベラーズノートは基本である外側のカバーに、自分で中身のリフィルを選択していくという手帳です。
自分で好きなように手帳をカスタマイズするという、ある意味システム手帳とも似た自由なコンセプトに、一気に魅了されてしまいました。
f:id:StrawberryNews:20161105170840j:plain

トラベラーズノートには「レギュラー」サイズと「パスポート」サイズがある

トラベラーズノートは2種類の大きさで展開されています。
A5スリムサイズの「レギュラー」と、名前の通りパスポートサイズの「パスポート」です。
どちらのサイズが使いやすいのかは本当に難しい問題で、好みによるとしか言いようがありません。
ですので、私の場合はとりあえず、両方のサイズを使ってみることにしました。
f:id:StrawberryNews:20161105171113j:plain
暫くの間、両方のサイズを使い続けて見た結果、今はパスポートサイズのみを使用しています。
レギュラーサイズはトラベラーズノートの基本とも言うべきサイズで、A4サイズの用紙を挟み込めたりと使い勝手は抜群です。
ノートに記載できる面積も当たり前ですが豊富で、自由度が高いトラベラーズノートとの相性は抜群です。
レギュラーサイズは使っていて本当に面白い手帳なのですが、パスポートサイズはその絶対的な”携帯性”が最大のメリットになります。
どこにでも持ち出せるパスポートサイズは、スケジュール管理やちょっとしたメモを取る場合にはとても便利なものです。

リフィルを選ぶ楽しさと作る楽しさ

手帳カバーの中に入れるリフィルは自由に選ぶことができます。
トラベラーズファクトリーからは純正品が各種販売されていますし、他社のリフィルを流用することもできます。
中に入れるリフィルを自分の好きなようにカスタマイズすることができるのです。

仮に今、月間予定表が必要だと思って手帳を購入しても、使い始めてみると実はそれほど必要が無いかもしれません。
毎日1ページの記載スペースを容易されても書ききれないかもしれません。

その点、トラベラーズノートであれば自分に必要なリフィルを必要な時に選ぶことが出来ます。
さらに、トラベラーズノートユーザーはリフィルを自作して使う方も多く、自作が醍醐味といっても過言ではありません。
私もスケジュール管理用の月間リフィルと、ライフログ用のほぼ日手帳仕様の日記リフィル、更にメモ帳用途のリフィルを手作りして使用しています。
f:id:StrawberryNews:20161105171210j:plain

また、自作をすることで圧倒的なコスパを得ることも出来ます。
特にメモ帳に関しては、純正品はサイズや枚数から考えると高価なものですので、純正品を使用してしまうと気軽にメモを取るのもためらわれてしまいます。
単純にもったいないと感じてしまうのです。
その点、自作のメモ帳であればバンバン無駄にメモが取れて助かります。

まとめ

手書きを習慣化するために始めた手帳のトラベラーズノートですが、今では生活に欠かせない物となっています。
スケジュール管理からライフログ、ToDoやメモ帳まで1つの手帳で済ませています。
過去と未来がはっきりすることで、無駄がなくなったように思えます。

更には、手帳のみならず、筆記具とての万年筆にも手を出す始末です。
手帳と万年筆の組み合わせは時代錯誤そのものですが、今の時代だからこそ実にオモシロイものです。
f:id:StrawberryNews:20161105171303j:plain


以上、『スマホ全盛時代に、あえて手書きの手帳を使うという選択肢!トラベラーズノートは自由という名の考える手帳だった』でした。