ことものめも

調べたコトをまとめ、買ったモノをメモするブログ

ペリカンツイストで万年筆デビュー!万年筆初心者に贈る万年筆の使い方

トラベラーズノートという手帳を使い始めるにあたり、筆記具を検討することにしました。
過去に手帳を利用していたときは、「BIC オレンジEG 1.0(青)」を利用していました。

f:id:StrawberryNews:20161105075355p:plain
引用元:http://www.bic-japan.co.jp/

ビックのボールペンは絶妙な書き味に定評があり、スルスルとした書き心地に満足していました。

そんな時、スーパーの文房具売場で運命的な出会いをします。それが「ペリカンの万年筆 ツイスト」でした。
f:id:StrawberryNews:20161105165802j:plain
万年筆を使ったことはありませんでしたので、万年筆の使い方から調べてみました。


スポンサードリンク



ペリカンの万年筆「ツイスト」との出会い

出会いはスーパーの文具店売り場です。
普段は気にも留めないその売場に「SALE」の表示を見つけたのです。
十数本ものペリカンツイストが、200円のテープが貼られ山積みにされていました。
手にとって見てみると本当に新品で、使われた形跡は一切なく、物は試しと購入してみました。

初めて万年筆を購入!使い方もわからず調べてみる

いざ万年筆を購入したものの、いままで万年筆を使う機会もなく、使い方さえわかりませんでした。
万年筆独特のペン先の”向き”もわかりませんし、インクの使い方もわかりませんでした。

万年筆の持ち方と書き方

万年筆の持ち方

万年筆の持ち方は一般的な筆記用具と変わりありません。鉛筆やボールペン、シャープペンシル等と同様に持ちます。
取り外したキャップが本体の後ろに差し込めるようであれば、差し込んで使用するように重心の設計がされていることが普通です。
ただし、好みの問題もありますので、キャップを外したままでも何ら問題はありません。

万年筆の書き方

万年筆の書き方はちょっとしたコツがあり、一般的な筆記用具とは少し違います。
ペンの先の平らな面(何か刻印があるものも)を表向きにして書いていきます。
f:id:StrawberryNews:20161105165854j:plain
ボールペン等よりもペン自体を寝かせ気味に書いていきます。
万年筆はボールペン等とは違い、書く際に筆圧を必要とぜず、ペン先を紙の上に置くだけでインクが出てきますので、ペンを立てて力を込める必要が無いのです。
ペン先を滑らすように書いていきます。

インクの種類を入れ方

ペリカンのツイストには本体の中にインクらしきものが一本入っていました。
これを調べてみると「インクカートリッジ」ということがわかり、一回使い切りのインクであるようです。
万年筆というと、インクの瓶に万年筆のペン先をチョンチョンと付けて書くと言う勝手なイメージがあったのでとても新鮮でした。
この「カートリッジ」式の他に、好きなインクを詰め替えることができる「コンバーター」式という方法があることを知りました。

カートリッジ式の使い方

万年筆の本体はネジ構造になっていますので、くるくると回すと本体が外れます。
f:id:StrawberryNews:20161105170027j:plain
ペン先部分と本体部分に分けることが出来たら、ペン先部分を上に向け、インクのカートリッジをペン先部分に差し込みます。
ペン先部分を上に向けて差し込まないとインクが漏れる可能性がありますので注意しましょう。
カートリッジは何も考えずまっすぐに力強く差し込みます。
回しながら差し込むと本体部分や、カートリッジを傷めてしまい、インク漏れの原因となります。
しっかりと動かなくなるまでカートリッジを差し込めば終了です。とても簡単な作業で、誰でも問題なくできるはずです。
初めて使う万年筆であれば、ペン先にインクが到達するまで数分かかりますのでじっと待ちます。
数分後に試し書きをしてみて、ペン先からインクが出るようになればカートリッジ式のインク充填は完了です。

コンバーター式の使い方

コンバーター式の使い方も、万年筆本体に取り付けるまではカートリッジ式と変わりありません。
コンバーターを万年筆のペン先部分に差し込めば準備完了です。
f:id:StrawberryNews:20161105170252j:plain
その後、実際にインク瓶からインクを吸入していくのですが、イメージは「スポイト」です。
インクをコンバーターに吸い上げることで万年筆の中に充填します。

インク瓶の中にペン先を浸します。その際、ペン先の金属部分を全て浸すようにすると、うまくインクが充填できます。
後、コンバーターをくるくると回すとインクがコンバーター内に登ってきますので、最後まで回しきります。
インクがうまくコンバーター内に充填できれば終了です。失敗しても何度でも繰り返しできますので、とても簡単な作業ですよ。
インキの充填が終わったら、ペン先や本体に付いたインクをのよく拭き取ります。

まとめ

万年筆の使い方を簡単に記事にしてみました。
ペリカンの「ツイスト」を購入後、手帳用の万年筆としてパイロットの「カクノ」と、セーラーの「ハイエース」を使っています。
いずれも1,000円程度の安価な万年筆ですが、ボールペンとは違い愛着の持てる道具として活躍してくれています。
後日、これらの万年筆の記事も書いてみたいと思っています。


以上、『ペリカンツイストで万年筆デビュー!万年筆初心者に贈る万年筆の使い方』でした。