読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こともの

調べたことをまとめ、買ったものをレビューするブログ

三脚や雲台のネジ穴の大きさを変更変換したい時はハクバ「止めネジアダプター」で万事解決

カメラに三脚は付き物です。
鉛筆と消しゴムくらいの付き物です。
…そこまでではないかもしれませんが。

今日は三脚や雲台のネジ穴の大きさの話です。
ネジ穴の大きさが違う商品を組み合わせる時に使う商品が「止めねじアダプター」です。
f:id:StrawberryNews:20161021161003j:plain
価格はものすごく安いのですが、大活躍の商品ですよ!


スポンサードリンク



止めネジアダプターという商品が存在する

三脚や雲台のネジ穴は規格品です。
各社別々の規格にしてしまうと、それぞれの商品に互換性がなくなってしまうからです。
しかし、そのネジ穴にも2種類の大きさが存在します。それが「3/8インチネジ」と「1/4インチネジ」です。

大型商品の「3/8インチネジ」と一般商品の「1/4インチネジ」

一般的に多く流通しているネジ穴の大きさは「1/4インチネジ」と言われるものです。
三脚や雲台はもちろん、カメラの三脚を取り付ける部分のネジ穴も、その殆どが「1/4インチネジ」になっています。
まさに殆どの商品が「1/4インチネジ」を採用していますので、普段はネジ穴を意識することなく使用することができます。
ただし、大型の三脚や雲台となると話が別です。
「1/4インチネジ」よりも大型である「3/8インチネジ」は、大型の商品には必須となっており、小さなネジ穴では不安定だからこそ採用されているものです。

ネジ穴が違う商品を持ち始めると、取り付けができなくなってくる

例えば「3/8インチネジ」の雲台と「1/4インチネジ」の三脚は当たり前ですが取り付けることができません。
このように、ネジ穴が違う商品を持ち始めると、途端に不便になってくるのです。
この問題を解決してくれるのが、今日紹介する「止めネジアダプター」になります。

3/8インチネジ(ドイツネジ)を1/4インチネジ(一般)に合わせるアダプター

「止めネジアダプター」は、大型のネジ穴を一般のネジ穴に変換してくれるアダプターです。
f:id:StrawberryNews:20161021161337j:plain
大型のネジ穴に「止めネジアダプター」を装着するだけという、とても簡単な構造になっています。
f:id:StrawberryNews:20161021161508j:plain
取り外しもマイナスドライバー等を利用することで簡単にできますので、取れなくなってしまうという心配もありません。
このアダプターが1つあるだけで、ネジ穴の大きさが違う商品を持っていても、様々な組み合わせで三脚や雲台を使うことが可能となります。

まとめ

f:id:StrawberryNews:20161021161022j:plain
今回はハクバ製の止めネジアダプターを利用しましたが、剛性もしっかりしており不安な感じはしませんでした。
ハクバ以外にエツミ等からも同様の商品が販売されていますので、どの商品を選んでも問題ないと思います。
大型の三脚や雲台を持ち始めると「3/8インチネジ」に出くわすのですが、それらを小型の三脚や雲台と組み合わせたい場面も出てくるわけです。
それらを簡単に解決してくれる商品ですので、1つ持っておいても損はないと思います。
2〜300円程度の商品で満足度の高い珍しい商品ですよ!
 


以上、『三脚や雲台のネジ穴の大きさを変更変換したい時はハクバ「止めネジアダプター」で万事解決』でした。