ことものめも

調べたコトをまとめ、買ったモノをメモするブログ

SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art が発売開始!前評判以上の超最強ポートレートレンズ誕生

遂にシグマから「SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art」が発売されました。

f:id:StrawberryNews:20161119081821p:plain
引用元:SIGMA GLOBAL VISION

シグマのArtシリーズは光学性能を最優先とした写りに定評のあるシリーズで、発売されるレンズはいずれも高評価を得ています。
この85mmも発売前から各所で期待が持たれていたところですが…やはり、期待に超えてくれるのがシグマです。
素晴らしい写りに絶賛の嵐が巻き起こっています。


スポンサードリンク



85mmポートレートレンズの決定版「SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art」

いざ発売されてみると「さすがシグマ」といったレンズでした。
特長 | 85mm F1.4 DG HSM | Art | プロダクト | レンズ | SIGMA GLOBAL VISION
Artシリーズのレンズということもあり、光学性能を最優先した姿は見事としか言いようがありません…デカイです。
フィルターサイズがφ86mmで、重量が1,130gですから、如何に大きいレンズかお分かりいただけるかと思います。

周辺部まで択一した解像度とボケ味の融合がすばらしい

過去にこんなレンズはなかったと思います。
比較的新しいレンズであれば、絞り開放から中心部がキレキレというものは数多くあるのですが、このシグマ85mmアートは周辺部までその切れ味が衰えることがないようです。
また、一般的には解像度の高いレンズというものはボケ味が悪くなるというのが常識的でした。ボケ味が固いと言われるものです。
その点もこのレンズは克服していて、解像度が高いにもかかわらずボケ味も美しいという、これまでの常識を覆す仕上がりになっています。

MTF

f:id:StrawberryNews:20161119114619p:plain
引用元:SIGMA GLOBAL VISION

開放値F1.4のレンズでこれほど綺麗なMTFは見たことがありません。
高い解像度を維持しているにもかかわらず、周辺部に向かっての落ち込みがとても少なく、それでいてボケ味の美しさも感じられるMTF
光学性能のみを追求すれば、このようなレンズが作れてしまうというのですから、シグマには驚かされるばかりです。

実売価格は12万円前後で、純正を選ぶ必要性がなくなる

各カメラメーカーからの85mmF1.4のレンズはもちろん発売されています。
ただし、シグマのように光学性能のみを追求したレンズは過去に発売されたことがあったでしょうか。
光学性能のほかに、携帯性や汎用性、他の製品への配慮やもちろん価格にも気を配らなければなりません。
それほど、製品の開発と言うものは縛りがあるのでしょう。

そんな状況で作られた純正品の85mmですが、この新型シグマ85mmよりも高価であることが事実です。
あとは買わない理由を見つけることが大変になりそうです。

最強のポートレートレンズの地位を確立、子供撮りにも最適解

焦点距離85mmはポートレートに最適な伝統の画角をもたらしてくれます。
ポートレート目的に使うことはもちろん、子供の成長記録を撮影するカメラパパにもオススメしたいレンズです。
ちょっと重たいレンズですので、カメラママにはオススメしづらいのが難点ですが、お子さんの大切な成長を記録しておくためには本当に最強のレンズとなってくれるでしょう。
だれが撮影してもプロカメラマンの様な写りを約束してくれるはずです。

まとめ

遂に発売されたシグマのアートシリーズ最新作「SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art」です。
シグマのアードシリーズを受けて、純正各社はどのように動いてくるのでしょう。
消費者としては、ファームウェアによる締め出しを考える前に、レンズメーカーに負けない魅力的な製品の開発を望むところです。

安価で抜群の写りをみせるレンズ開発に舵を切ったシグマの姿勢は、現代のカメラ文化に革命を起こし続けています。


以上、『SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art が発売開始!前評判以上の超最強ポートレートレンズ誕生』でした。