こともの

調べたことをまとめ、買ったものをレビューするブログ

万年筆 LAMY safari(ラミー サファリ)を購入!トラベラーズノートとの相性をレビューする

安価な万年筆の中でも抜群の人気を誇る「LAMY safari」を購入しました。
f:id:StrawberryNews:20161122171753j:plain

幅広い万年筆ユーザーから圧倒的な支持を受けているラミー サファリですが、やはり支持を受けるにはそれ相応の理由があるようです。
書き始めた瞬間からコレは!と思わせてくれる万年筆でした。


スポンサードリンク



ドイツ製の入門用万年筆「ラミー サファリ」は初めての万年筆にもおすすめ

万年筆としては入門用で実売価格は3,000円未満でとても安い!

万年筆と聞くと、数万円もする高級品というイメージが何処かにあると思います。
しかし、それは過去のもので、今は安価な万年筆が多種多様発売されています。
その中でもこの「ラミー サファリ」はドイツの有名なブランドであるLAMY社製のしっかりとしたもので、品質は折り紙付きです。
どこかの安価な中国製とは比較になりません。
と、ドイツ製であるにも関わらず、安価に入手することができるため、幅広い年齢層に大人気な万年筆となっています。
高い万年筆は大事にするあまり、実用性に乏しい所がありますが、ラミー サファリであればガンガン使える万年筆として常用できます。

カラーバリエーションが豊富でデザイン性が抜群!持っているだけでカッコいい!

ラミー サファリの最大の特徴はその完成されたデザインとカラーバリエーションの豊富さにあります。
f:id:StrawberryNews:20161122171916j:plain
私が今回購入したのは「ブラック」です。

常時販売されているカラーはもちろんのこと「◯◯年限定カラー」という商品展開がされており、毎年、限定のカラーが発売されているのが特徴です。
思わずコレクションしたくなる心理を上手くついていると思います。

複数のカラー展開がされていますから、ポップなカラーでカジュアル仕様にするのも良し、ブラックやホワイトでビジネス仕様にするのも良しと、同じ製品でも使い分けることが可能となっています。

海外製万年筆は、国内製万年筆よりもペン先が太い

海外製の万年筆は国内製の万年筆に比べペン先が太く作られています。
それは日本語の様に細かい文字を書く習慣がないためです。
f:id:StrawberryNews:20161122171838j:plain
今回購入したラミー サファリのニブは”EF”で、サファリの中でも最も細いニブです。
国内製であるパイロットのカクノは”F”を、セーラーのハイエースは”F-4を所有していますが、サラリの”EF”は明らかに国内製の万年筆よりも太いです。
二回りくらいは太いでしょうか。
細かい字を書くのは難しいレベルです。

書き味は硬めだが、スチールニブとは思えないほど良好

ラミー サファリの書き味は硬めです。
とはいえ、カリカリ感が強いかといえばそんなことはなく、ペン先を紙の上に置いただけでスルスルとインクが出てきて、実に気持ちのいい書き味となっています。
硬いのにスルスル。
この書き味の良さがラミー サファリの人気の秘密なのでしょう。

硬めのニブを活かして、ペンを立て気味にボールペンの様に使っても、しっかりと受け止めてくれます。
反対に万年筆を意識して、ペン先を寝かせてあげれば、潤沢なインクフローを楽しむことも出来ます。
まさに、初めての万年筆としてもおすすめできるばかりか、万年筆好きにも応えてくれる懐の深さがあります。

ラミーのコンバーターはインク充填に優れている

万年筆を利用するようになり、各社のコンバーターを使い始めています。
ペリカンパイロット・セーラー・ラミーと4社のコンバーターを使ってみましたが、ラミーのコンバーターは最もインク充填がやりやすく、たっぷりと吸い込んでくれます。
f:id:StrawberryNews:20161122172008j:plain
なお、セーラーのコンバーターが一番渋いかな…と。

ラミーサファリトラベラーズノートとの相性は

太めのニブですので手帳との相性がいいかと言われれば完璧ではありません。
とくに、パスポートサイズのトラベラーズノートを使用している場合は、細めの日本製万年筆の方が書きやすいでしょう。
しかし、レギュラーサイズのトラベラーズノートを使用している場合は、十分に使いやすい万年筆に変身します。
私は文庫サイズのトラベラーズノートを自作し使用していますので、サファリとの相性はいい方です。
また、リフィルも自作しコスパに優れる状態で運用しているので、細かい字を書く必要もなく、大胆にサファリを利用しています。
kotomono.hatenablog.com

いずれにせよ、細かい字を中心に手帳との利用を考えている場合は、サファリでは満足出来ないでしょう。
他の細いニブの万年筆を選択したほうが懸命です。

トラベラーズノートのペンホルダーには残念ながら入らない

とても気に入っているラミーサファリですが、その持ち運び方法がいまだに確立されていません。
それは、トラベラーズノート純正のペンホルダーに収まりが悪いというところです。
ペンホルダーSはもちろん、ペンホルダーMにも上手く入りません。
単純に大きく太いのです。
今は、リフィルの間にただ挟み込むだけで持ち歩いていますが、いつか落としてしまいそうで怖いです。
何か良い持ち運び方法があればいいのですが…。

まとめ

見た目良し、書き味良し、価格良しと、とても値段からは想像できないほどの満足感が得られる万年筆に仕上がっています。
コレは人気が出るわけだ。
小さな手帳との相性はいまいちですが、バリバリ書きたい実用的な万年筆を探している方には是非ともオススメしたい万年筆です。
また、細字の万年筆は”万年筆感に乏しい書き味”なところもありますので、このラミーサファリであれば”万年筆感を存分に味える書き味”で、初めての万年筆としてもオススメですよ!


以上、『万年筆 LAMY safari(ラミー サファリ)を購入!トラベラーズノートとの相性をレビューする』でした。