ことものめも

調べたコトをまとめ、買ったモノをメモするブログ

ゼンハイザー オープン型ヘッドフォン「HD598」をレビュー 長時間付けていても快適なつけ心地がベスト

Sennheiser ゼンハイザー オープン型ヘッドフォン HD598を購入

イヤホンやヘッドホンには縁遠かった
そもそも、それほど音楽を聞く習慣も無く、iphoneに付属のイヤホンで十分な視聴環境であった
家族全員がNintendo switchスプラトゥーン2をプレイするようになり、長時間のヘッドホン環境が生まれてしまった
自宅にあったヘッドホンは「Creative Hitz MA2600」という安価ヘッドホン
こちらは”長時間利用で耳が痛くなる”というヘッドホンにはよくある症状があり、あまり付けていたくない感触であった

ヘッドホンにオープン型、クローズド型があることもつい最近知ったくらいのユーザー
普通の家族生活を送っていると、密閉型のヘッドホンを自宅で使用することは難しい
誰かに話しかけられても気が付かないのは、ちょっと問題があるだろう
そこで、開放型のヘッドホンを検討していくことになり、老舗のゼンハイザーに白羽の矢
せっかく買うなら、アンプを使用しなくとも良い音の限界ともいわれるHD598を購入する

SENNHEISER HD598 レビュー

f:id:StrawberryNews:20170906145828j:plain
いいヘッドホンを聞き分けられる程の耳はない
ただ、自然にどこまでも広がる様な音で、ヘッドホンデビューとしては十分に感じられた
これ以上の買い替えもまったく必要ないと感じさせてくれる
なかでも装着感が秀逸で、頭も耳も全く痛くならないことは嬉しい誤算であった
耳がすっぽりと覆われる構造となっているため、耳の痛みを感じることはなく、朝から晩まで装着していても、まったくストレスがない環境が作られた
イヤーパッドはもふもふ
夏場はちょっと暑い
替えパットも市販されているので、汚れてきても安心

ケーブルが取り外し可能な点も重要
イヤホンやヘッドホンのトラブルは本体以上に”ケーブルの断線”のリスクが高く、このリスクを軽減してくれる

あまりにもお気に入りすぎで、家族にもせがまれたため、もう一台のHD598とHD558も購入し、一家ゼンハイザーが3台あるという状況に
 


スポンサードリンク