ことものめも

調べたコトをまとめ、買ったモノをメモするブログ

FUJIFILM X-Pro2 / X-T2 / X-T20で「低速シャッター限界AUTO設定」があることを知らなかった話

富士フイルムのミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T20」で「低速シャッター限界AUTO設定」を使う

富士フイルムの色が好きでX-T20を愛用している
過去に富士フイルムのミラーレスカメラを複数機種使っていたが、”ISO感度AUTO”の低速シャッターは固定であった
他メーカーは焦点距離を自動で判断し、一般的に手ブレがしにくいとされる「1/焦点距離」付近に自動でSSを調整する機能・設定があった
富士にはその設定がないため、不便に思っていた

新たにFUJIFILM X-T20を利用し初めて、昔の感覚で”ISO感度AUTO”時のSSも1/60や1/100に設定していた(FUJINON XF 56mm F1.2 Rを使う事が多いため)
ある日、X-E3の発売に合わせ、Pro2やT2のAF機能の強化が羨ましく思いながらも更新内容を確認していると、「低速シャッター限界AUTO設定」の追加を知る
「低速シャッター限界AUTO設定」に付いて調べてみると、X-T20は元々設定可能であることを知る

「低速シャッター限界AUTO設定」はSSの変更が容易な富士フイルムのカメラとの相性は抜群

「低速シャッター限界AUTO設定」について調べてみると、以下のようにSSを制御してくれるそう

f:id:StrawberryNews:20170914134158p:plain
ISO感度AUTOでの低速シャッター限界「AUTO」の動作について(X-Pro2 / X-T2 / X-T20)

特に意識せずとも、おおよそ”換算値”でSSを設定してくれ、今まで以上に不必要な高速SSを使う必要がなくなり、ISO感度を抑えた写真を撮ることができる

年月を重ねる毎に確実に進化を遂げているXシリーズは、「絶対的な画質」以外にも着実にユーザビリティとなっており、ますます一眼レフの意味を考える必要があるのかもしれない


スポンサードリンク