ことものめも

調べたコトをまとめ、買ったモノをメモするブログ

トラベラーズノートに組み合わせている万年筆「ラミー サファリ」をレビュー

トラベラーズノートの存在を知ってから、すっかり手帳生活が定着した
スマホで全てを管理できる時代に、あえて紙媒体に記録することの意味を考える

トラベラーズノートはその自由さが最大の特徴で、自分でリフィルを自由に組み合わせ、自分だけの手帳に育てることができる
組み合わせる筆記用具ももちろん自由で、筆記用具として一番実用性の低い”万年筆”を使うことがまた、潔く楽しいものである

他の趣味から乗り換えるほどのめりこむつもりもなく、安価な万年筆しか試してはいないが、なかでも「ラミー サファリ」は安価で実用性に優れた万年筆だと思う

ラミーサファリのレビュー

f:id:StrawberryNews:20170918160341j:plain
ニブは固いスチール製で、ボールペンのようにガシガシ書くことができる
しかし、インクとの組み合わせ次第では万年筆特有の書き心地を楽しむことができる
ペリカンの”ブルーブラック”との組み合わせでは、実に硬い「カリカリ」の質感
・セーラーの”山鳥”との組み合わせでは、スルスルとした万年筆の質感
 
f:id:StrawberryNews:20170918160452j:plain
柔らかいインクを使えば、万年筆としての楽しみも十分にできるほど、柔軟性に優れたニブ
日本製の万年筆と比べ太めであるため、手帳等に細かい文字を書き込むのは苦手…向いていない
ただ、トラベラーズノートは書き方さえも自由であるため、太めのニブでも困らない
f:id:StrawberryNews:20170918160437j:plain
インクの残量も確認窓があるため把握しやすい
持ちては太めで、しっかりと握ることが出来、書きやすい
f:id:StrawberryNews:20170918160509j:plain
かき心地もよく、それでいて安価でラフに扱え、まさに日常使いがぴったりと、”最初の一本”におすすめできる万年筆
何よりもカッコいい事が最大の特徴かと思う


スポンサードリンク