ことものめも

調べたコトをまとめ、買ったモノをメモするブログ

任天堂スイッチのプロコントローラーが故障したため、オンライン修理申請をしてみた

任天堂スイッチのプロコントローラーが故障

Nintendo switchスプラトゥーン2を家族皆で楽しんでいるため、コントローラーの故障はつきものではあります
ジョイコンに続いて「プロコン」も故障をしたので、今回はオンライン修理を利用してみました

故障症状

switchのコントローラーはジョイコン・プロコンともに左スティックの故障がよく聞かれるのですが、今回故障したのは右スティックです
右スティックが「ずっと下方向に入力される」という症状になってしまいました
スプラトゥーンをプレイする分には右スティックの上下は使用しないため支障はないのですが、メニュー画面や、スパジャン選択時に若干の不便があるため、修理に出すことにしました。

オンライン修理申請をしてみた

任天堂製品は現在オンライン修理に対応しているため、故障の際はオンライン修理申請をするのがベターかと思います
修理代金の割引も5%ですが、受けることが出来ます
受付は以下からです
www.nintendo.co.jp

保証書が必要

修理の際に必要なものは、壊れたものはもちろん、保証書購入先や日付がわかるもの修理依頼書が必要です
switchは保証書が元箱と一体化されていますので、元箱が不要な場合でも、捨てずにとっておく必要があります

修理申請からの日程

  • 4月6日(金):オンライン修理依頼、プロコン発送(郵便局から着払い)
  • 4月10日(火):任天堂から修理品到着の連絡
  • 4月11日(水):任天堂から修理品発送の連絡、なお、修理内容及び金額は不明
  • 4月13日(金):修理品が到着
修理品が自宅に到着、プロコンが修理完了

修理申請から1週間程で修理が完了し戻ってきたプロコン
修理内容は以下の通りでした

f:id:StrawberryNews:20180414184130j:plain

今回は右スティックが常時下方向に入力されてしまう症状が発生してしまいましたが、やはり右スティックの故障という結果でした
修理期間内であったためか修理代金は無料で、往復の送料ももちろんかかりませんでした
ただ、修理代金が無料である理由等は記載されておらず、また、自宅に到着するまで、どの様な故障・修理を行ったかがわからなかったため、少し不親切にも感じられました

保証期間内であれば迷わず修理に出すべき

保証期間内であれば往復の送料はもちろん、自己責任以外の修理には対応してくれるため、積極的に利用するべきものだと感じられました
多少の手間と時間がかかりますが、正常動作の快適さにはかなわないかと思われます
スイッチに関してはプロコンに限らず、ジョイコンの故障も多く聞かれますので、せっかくのサービスを利用させていただきましょう


スポンサードリンク