こともの

調べたことをまとめ、買ったものをレビューするブログ

X-T20生活再開す

すっかり写真関係の更新が滞ってしまったため、そろそろ再開していきたいと思います。
今日はお気に入りのレンズで自宅付近を散歩してきました。
f:id:StrawberryNews:20180424215609j:plain
FUJINON XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR

当地は雪国で冬にはもちろん一面の雪景色となります。
しかし、今年は冬場の写欲がいまいちわかず、雪の写真をほとんど撮る機会がありませんでした。
久しぶりの雪の写真は、残雪のものとなってしまい、少しもったいない気分になりました。

散歩も終わり自宅では、最強高速レンズとクラシッククロームでの組み合わせで遊び写真を撮ります。
f:id:StrawberryNews:20180424215605j:plain
HandeVision IBELUX 40mm F/0.85

まったく芯のない写真というものは現代レンズとはまったく正反対な性格で、撮影していて最も気持ちのいいレンズです。
非常に重いため取り回しは悪く、最短撮影距離も長いため使い勝手は非常に悪いです。
ただ、マニュアルフォーカスの面白さは趣味レンズとしては最高で、他に真似のできない描写性能に今後手放すことはないでしょう。

X-T20は小型軽量なカメラで、動体から静物まで何でもこなす無くてはならないカメラになりました。
また、最近X-T2同様のファームウェアが適用され、ますます動体に強いカメラに進化した点も非常に嬉しく思っています。

動く被写体への追従性を強化
画像認識アルゴリズムの改善により、従来に比べ、被写体への追従性が向上。被写体の動く速度が2倍、サイズが1/2になっても捕捉します。


スポンサードリンク