ことものめも

調べたコトをまとめ、買ったモノをメモするブログ

オシャレで機能的なカメラバッグ Acruのアオイロのボノを熱くレビュー!

カメラバッグ沼に片足どころか頭までどっぷり浸かっている私ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
デジタルカメラの普及が一回りして、今やスマホカメラが全盛期ですので、デジタルカメラをあえて持ち運んだり、カメラ専用のバッグを購入するなんて時代錯誤も甚だしいのですが、それでもカメラバッグが好きなんです。
そんなカメラバッグにあって、現在はAcruのアオイロのボノを愛用していますので紹介していきます。

今日はそんなお話ですので、興味のない方にはごめんなさい。ちょっと覗いてやるかという方は続きからどうぞ!


スポンサードリンク



Acruのアオイロのボノを購入した理由はAcruのコルメナ

きっかけは同じAcruのコルメナというカメラバッグを使っていたからになります。
カメラバッグ沼に浸かっている私ですからAcruというカメラ用品メーカーは知っていました。
ただ、革製品を取り扱うショップで、ちょっと高額なイメージがあったことと、革製品に興味がなかったため購入対象にはなっていませんでした。
そんなとき、実際にAcruのコルメナを使用しているユーザーに見せてもらったところ、とても機能的で何よりカッコいいその姿に一目惚れし、即購入した次第でした。
そんなコルメナを使い始めたこともあり、Acru製品の良さを知り、革製品にも興味を持ち始めたところで、アオイロのボノと出会いました。

アオイロのボノをレビューする

外観


なんと言っても最大の特徴はその外観です。
ポストマンバッグがモチーフとなっているだけのことはあり、その古臭いフォルムに、どこか懐かしさを覚えます。
リッチな革の使い方と、目を引くアオの強靭なナイロンは素晴らしい組み合わせだと思います。
ただ、そのための欠点もあります。これは後述で。


側面には荷物を引っ掛けることができるフックが2ヶ所あり、汎用性の高さが伺えます。
ただ、何も付けなくとも、デザイン面の引き締めでも十分な効果があります。

ストラップ


幅広のストラップは、それだけで荷物重量軽減に役立ってくれていますが、肩にあたる部分には厚手の低反発クッションが入っており、快適な持ち運びが可能となっています。
その低反発クッションが入っている部分も非常に多く、肩甲骨から背中にかけて覆われることになります。
長さ調節もできますので、自分好みの長さに変えることができます。

底部の鋲


バッグ底部は革張りのうえ、5箇所に金属製の鋲が打ってあります。
地面に置かなければならない環境でも、底部の傷を気にする必要もありません。
底部も一面がレザーですので、鋲がなければすぐに傷んでしまうため、この鋲は必須であり、ありがたいところです。

背面


背面には専用のストラップが取り付け可能で、長時間の持ち運びや自転車に乗る場合など腰部に固定することもできます。
また、専用のストラップを使用しない場合でも、デザインのアクセントとなっており、一面アオイロに比べ、より引き締まっていると思います。

内部


鮮やかなストライプ柄が目立つバッグ内部で、遊び心満点の様子です。
しかし、しっかりと実用性も兼ね備えており、中にある荷物がたいへん目立ちやすくなるということです。
ただし、見た目に派手な部分ですので、好き嫌いの分かれるところです。

ゴミ侵入防止のレザーパーツ

@strawberrynewsが投稿した写真 -


バッグの入り口再度にはホコリ等のゴミが入り込まないようにレザーパーツのフラップが取り付けてあります。
とても細かい点ですが、内部の機材を大切にする姿勢の現れかと思います。
また、こんな部分ですが、レザーパーツというのがワカッテイルところですよね。

パーテーション


一般的なカメラバッグのパーテーションというのは、ナイロン素材の決して高級感のないものですが、アオイロのボノのパーテーションは、見事な革製となっています。
これだけで何かの作品かの様な風格さえあります。
バッグ内のゴムバンドにパーテーションのバンドを通すことで自由な区分けをすることができます。
ただ、標準では1枚しかパーテーションは付属していませんので、必要に応じて追加注文する必要はあります。

パーテーションには一枚ずつAcruの刻印がなされており、Acruの商品に対する気持ちの現われでしょうか。

革の手入れ

アオイロのボノもレザーがふんだんに使われていますので、その手入れはかかせません。
過去記事にもあるように、コルメナと一緒に定期的に手入れをしています。
kotomono.hatenablog.com

欠点は重いことと…

唯一の欠点は重いことでしょうか。
丈夫なナイロンを使用していますし、革部分は裏にしっかりとした生地を張り合わせていますので自然と重量がかさみます。
あとは、あまりにもオシャレでカッコいいバッグですので、大切にし過ぎるあまり、持ち出すことがためらわれる点でしょうか。
ちょっとの傷はエイジングになるのですが…それでも大切に使いたいです。


スポンサードリンク



アオイロのボノを写真で更に紹介


ホックの金具にはAcruオリジナルのものを使用しています。
とても小さなパーツですが、細部へのこだわりを感じます。


ポストマンモチーフを象徴するストラップ接続部分です。
遊び心とデザイン、更には接続部の強度増にも貢献しています。
こちらもとても目立たない部分ですが、やはり細部へのこだわりが素晴らしいです。


フロントのホック部分をアップで撮影。
実に丁寧に作りこまれています。
また、頻回に開け閉めする部分ですので、しっかりとした強度が必要となるのでしょう。一切のガタはなく、開け閉めするだけで気持ちいいくらいの感触です。


Acru=アクリュの正式名称 Acanth & Ecru(トゲと生成り)が前面のレザー部分に刻印されています。

アクリュ(Acru)はAcanth&Ecru。トゲと生成り。
作り手の素顔(生成り)が見えるモノヅクリ、
そこにちょっと刺激あるスパイス(トゲ)をプラス。


内部にもAcruの刻印がしっかりと入っています。
本当に商品の細部に至るまでこだわりの感じられる商品となっています。

Acruと出会えたことに感謝

何気なく手にとった商品ですが、これほどまでのこだわりとは思いませんでした。
ハッキリ行って”買い”です。
こだわりがすごすぎて、これで価格の元が取れているのかが心配になるほどです。
とても素晴らしい商品に出会えたことに感謝しつつ、これからも大事に使っていきたいと思います。
Acruのバッグは本当に手放しでオススメできますよ!


以上、『オシャレで機能的なカメラバッグ Acruのアオイロのボノを熱くレビュー!』でした。