こともの

調べたことをまとめ、買ったものをレビューする日常的ブログ

ダルマオーディオ「アルミ筐体版T-1000試作機」当選&到着したのでファーストインプレッションする

「アルミ筐体版T-1000試作機」

 

Twitterでのみ告知された、ダルマオーディオの新作「T-1000」のアルミ筐体版試作機が到着しました。

希望者全員が購入することができず抽選となりましたが、運に恵まれました。

また、当選しても、4種類あるカラーリングのどれが来るかわからないというガチャ要素まで盛られています。

 

そんな中で到着したT-1000ですので、まずはファーストインプレッションを。

 

アルミ筐体版T-1000試作機 ファーストインプレッション

外観、付属品

付属品はいつもの通り、ダルマオーディオの1ファンとしては慣れたものです。

f:id:StrawberryNews:20210805164536j:plain

T-1000付属品一式

「イヤホン本体」、「ケーブル(-骚II-)」、「イヤーピース4種類」と「音質変更用フィルターシール」です。

 

 

f:id:StrawberryNews:20210805142719j:plain

付属品

イヤーピース4種類は、以前購入した「T-500Proアップグレードキット01」に付属していたものばかリでしたので真新しさはありませんでした。

ただ、初めてダルマオーディオに触れる方にはイヤーピースだけで数日楽しめると思います。

ケーブルは普通に常用できます。

T-1000の中高音を必要十分に強調しながら協調してくれます。

アンバランス接続のために新たなケーブルを用意する必要も特にないでしょう。

もちろん、低音ブーストに銅ケーブルを組み合わせるのも正解ですよ。

f:id:StrawberryNews:20210805143210j:plain

T-500Proアップグレードキット01のイヤーピースを添えて

 

視聴環境

 

・イヤーピースは「HATSU-Proに付属のイヤーピース(名称不明)」

 これまではfinal Eタイプ CLEARとの相性がよく、基準イヤーピースとして使用してきましたが、ただの付属イヤピースがfinalを超えてきました。

 今後の基準イヤーピースとなり得る性能です。

 

・ケーブルは「NICEHCK GCT4」4.4mm バランス接続

 安価で高音質、元々のイヤホンの音色を崩さず、ブーストしてくれる。

 

・・DACに「Sabaj D5

 アンバランスもバランスも私には十分すぎます。

 

・音源は「YouTube

 誰でも同じ音質で聞けるように、試聴時は必ずコレ。

 

音質

私は基本的にエージングで音質は変わると思っています。

それは、イヤホン本体の音質変化はもちろんのこと、人間の耳や意識のエージングも進むという意味で、です。

今回は、箱出し(?)状態でのインプレッションです。

手持ちの共有筐体でもある「KBEAR BELIEVE」「T-500 Pro」「 T-500(山崎はるかコラボバージョン)」と比較しならが聴いていきたいと思います。

f:id:StrawberryNews:20210805184859j:plain

左からT-1000,T-500,T-500Pro,BELIEVE

 

T-1000の音質は一言でいうと「中高音を中心とした非常に見通しの良いスッキリサウンド」です。一言ではない。。。ですか。

価格に見合わない素晴らしい音だと言い切れます。

  

低音域はこのイヤホンにおいては一番控えめな印象を持ちます。

もちろん、決して鳴っていないわけではなく、むしろ普通のイヤホンに比べると十分に強調されるほど鳴らしてくれます。あくまでも中高音と比べれば、です。

大きな音を鳴らせばいい!のドンシャリ音ではなく、非常に分離感が良く音の輪郭がはっきりしているので、一聴して少ない量感に感じられますが、その少なく感じる量感と引き換えにスピード感に優れているため、聴き疲れのないスッキリとした低音を楽しむことができます。

一般的に低音を強調したイヤホンは、低音に余韻をもたせることで強さを表現していることが多いのですが、T-1000は切れ味鋭いナイフで切ったような低音感とでも言いましょうか。こんな低音は初めてかもしれません。

この低音を知ってからT-500Proを聴くと、余韻の良し悪しが気になり始めます。低音をガンガンイキたいときはT-500Proですけどね。さらにガンガンはT-500ですが。

 

中音域は高音域と同等にこのイヤホンの主戦場です。

ボーカルの息遣いまで聴こえるような表現力です。

Billie Eilishの「bad guy」なんて、シビレますよ。

解像感が高く、すっきりはっきり聞こえます。

すこしだけ奥まった感じはあるかな。

 

高音域はT-500Proと最も差別が図られ、このイヤホンの協調されている部分です。

こちらも他の音と同様、非常に解像感が高く、すっきりと見通しの良い音でまとめられています。

素晴らしい高音域を持つイヤホンには共通ですが、ハッキリと高音が協調されるわりに、サ行やシンバルの刺さりはないという絶妙な味付けがあります。このイヤホンもその味付けを見せてくれます。

高音の傾向は、同じ筐体のBELIEVEの評価が高く、こちらに寄せた音作りをしたのでしょうか。(そもそも振動版の共通性が明かされていませんが)

非常に似通った高音を楽しむことができます。ただ、BELIEVEに比べ、低音域や中音域が協調されているため、総合してBELIEVEと同じ音は楽しめません。当たり前ですが。

でも、音楽を楽しむのであればT-1000の方がおススメです。

 

 

音場や定位はまだ語れる程聞き込めていないので後日レビューする予定です。 

 

その他

f:id:StrawberryNews:20210805195005j:plain

ステムやフィルターの様子

フィルターはT-1000は黒フィルターが標準装備ですね。

T-500Proは、後からKBEARの白フィルターを張り付けています。

これらを変えながら楽しむのも、新しいイヤホンの遊び方ですね。
 

f:id:StrawberryNews:20210805195227j:plain

2pinジャック

ケーブルが刺さるジャック部分は明らかに改良が見られます。

これまでは、刺さりにくく抜けやすいという弱点がありました。

T-1000のジャックは入り口が若干広く、奥が狭い構造なのかもしれません。

ちょっときつすぎる感じもありますけど。

 

評価

 

18,000円

試作機としての特価らしいので、製品版はもう少し値段が上がるのかな。

普通に考えてイヤホンの値段としてはありえないくらい高いですよね。

ただ、イヤホンを趣味としていると、この音でこの価格なら安いと。

うーん、高みはどこへ。

T-1000とT-500は、音の傾向が全く違うのでこれからも第一線で使い続けられそうですが、T-500Proは持ち前の定位を活かした活躍に限定されてしまうのかな。

BELIEVEはちょっと別次元ですけどね。(入手性も含めてですが。

T-1000ファーストインプレッション時

高音:☆☆☆☆☆(5)

中音:☆☆☆☆★(4.5)

低音:☆☆☆☆★(4.5)

音場:確認中

定位:確認中 

 

評価:☆☆☆☆☆(5)暫定ですが

 

好み:☆5

コスパ:☆4

おススメ:☆5

 

daruma-audio.co.jp

 

 

実際に購入したイヤホン一覧(R3.7.22更新)

中華イヤホンも完全に趣味になったので、購入したイヤホンを一覧にしておきます。

主に自分自身のアウトプットのため。

 

メーカー 機種名 高音 中音 低音 定位 音場 評価 コスパ おすすめ
KZ ZST X 2 2 3 3 3 3 5  
KZ ZSN PRO X 2 4 3 4 5
CCA C12 3 3 2 3 4 3 4  
KZ ZAX 3 4 4 3 3 4 4
KZ EDX 2 2 3 2 2 3 4  
KZ ASX 3 2 1 1 2 1 1  
CCA C10 PRO 2 3 3 3 2 3 3  
KZ AS16 4 3 2 3 4 4 3  
TINHifi T2 plus 3 3 3 3 3 3 4  
NICEHCK NX7 PRO 4 4 3 3 3 4 3  
JadeAudio EA3 3 3 4 2 3 3 3  
NF AUDIO NM2+ 5 5 3 3 5 5 4
CCA CA16 4 4 4 3 4 4 4  
HZSOUND HeartMirror 4 4 3 3 3 4 4  
TRN V90S 3 2 3 2 3 1 1  
TRI StarSea 4 4 3 4 3 3 3  
KZ DQ6 4 4 4 3 2 4 5
Smabat ST10s Gold 3 3 3 4 4 4 4
TRN TA1 3 4 3 3 3 3 4  
Fiio FD5 4 4 5+ 3 4 5 3
Fiio FH3 4 4 3 4 4 4 3  
NICEHCK NX7 4 3 3 3 3 3 4  
KBEAR BELIEVE 5+ 4 2 2 5 5+ 4 ☆☆☆
TRIPOWIN TC-01 4 4 4 3 3 4 5
ダルマオーディオ T-500Pro 3 4 4 5 3 4 5
ダルマオーディオ HATSU-PRO 3 4 3 3 3 3 5
CCZ Coffee Bean 1 3 3 3 2 3 3  
ダルマオーディオ T-500 4 5+ 5 4 3 5+ 5 ☆☆

 

ダルマオーディオ「HATSU-Pro」レビューで、HATSU(初)も欲しくなる

「HATSU-Pro」の着弾からすっかり気に入り、聴き続けています。

箱出し状態でも十分に好みの音でしたが、実再生を含め10時間程エージングが進みましたのでファーストレビューをしておきます。

先に入手していたT-500Proよりも先にレビューするとは思ってもいませんでした。

 

HATSU-Pro レビュー

外観、付属品

付属品は控えめです。

f:id:StrawberryNews:20210714215232j:plain

イヤホン本体と付属品一式

イヤホン本体とイヤーピースが2種類のみです。

ただ、まだ発売されていないイヤーピース「Bee」が付属します。

完全ワイヤレスイヤホン用に作られた小型のイヤーピースとのことで、小さい筐体のHATSUとの相性が良いそうです。

一方、HATSUに標準装備されている名もないイヤーピースですが、こちらは個人的に手持ちで一番装着感が良いイヤーピースになってしまいました。

 

f:id:StrawberryNews:20210714215819j:plain

フィルターギミック

写真の通り、ステム部分のフィルターは、通常のHATSUは「銀フィルター」が標準ですが、HATSU-Proは「銀フィルター」に「黒フィルター」が重ねてある様に見えます。

HATSUとHATSU-Proの調整がどのようなものかは好評されていませんが、まさかこの部分だけ…ではないですよね。Andyさん、教えてください。。。

ケーブルはリケーブルできず、材質は「よくあるケーブル」です。

決して高級感はなく、ひっかかりもあり、タッチノイズも乗ります。

 

視聴環境

 

・イヤーピースは「HATSU-Proに付属のイヤーピース(名称不明)」

 これまではfinal Eタイプ CLEARとの相性がよく、基準イヤーピースとして使用してきましたが、ただの付属イヤピースがfinalを超えてきました。

 今後の基準イヤーピースとなり得る性能です。

 

・ケーブルはリケーブルができないので、、、残念。

 

DACに「Sabaj D5」

 アンバランスもバランスも私には十分すぎます。

 

・音源は「YouTube

 誰でも同じ音質で聞けるように、試聴時は必ずコレ。

 

音質

私は基本的にエージングで音質は変わると思っています。

それは、イヤホン本体の音質変化はもちろんのこと、人間の耳や意識のエージングも進むという意味で、です。

今回は、某エージングプログラム(1時間)を5回と、実際に音楽を視聴することの計約10時間でのレビューとなります。

 

肝心の音質はというと、箱出し状態では低音中心で、音場が比較的狭いという印象でした。

そんな中でも解像感は十分にあり、一聴して良い音!という感想でした。

 

その後、わずか10時間程度のエージングでも十分に音質の変化を感じることができました。

 

低音の強さに加え、ボーカルがはっきりと前に出るようになりました。

また、高音のキラキラ感も増し、すべての音が過不足なく主張するようになりました。

もともと十分であった解像感もさらに増し、すっきりと見通しがよく、透き通る音になりました。

音場の狭さと定位に関しては必要十分ですが、さすがに同社のT-500Proには及ばずといったところ。

ただ、それ以外は決して負けていないような気も、、、むむ。

むしろ筐体が小さく、装着感もいいため、HATSU-Proを積極的に使いたくなっています。

 

これだけのポテンシャルを秘めているイヤホンなので、ぜひともリケーブルバージョンも開発してほしいのが正直なところ、いかがでしょうか。ちょっとくらい高くなっても買わせていただきたいです。はい。

 

 

さらに、HATSU-Proは一般的なスマホでも十分にその高音質を堪能できます。

イヤホン本体とケーブルに駆動力がほとんど必要ないためでしょうか。普通のスマホでこれほどの音が聴けるのは初めての体験で衝撃的でした。

 

 

 

評価

販売価格(3,800円)を考えると考えられない音質です。

5,000円以下のイヤホンでは、最もおすすめできるイヤホンです。

むしろ、ケーブルへのこだわりや、それ以上の沼に入らないためにも、安価でいい音のイヤホンを探している方には、積極的におすすめします!

 

高音:☆☆☆☆★(4.5)

中音:☆☆☆☆☆(5)

低音:☆☆☆☆☆(5)

音場:☆☆☆☆ (4)

定位:☆☆☆  (3) 

 

評価:☆☆☆☆☆(5)

 

好み:☆5

コスパ:☆5+++

おススメ:☆5+

 

daruma-audio.co.jp

 

通常版のHATSUも買ってしまうと思います。比べてみたいので。

発売が控えているT-1000も間違いなく買ってしまうでしょう。

ダルマオーディオ、恐るべしですよ。

 

 

 

ちなみに、付属のポーチにはダルマオーディオのブランドである『Vento Conductor』のロゴが入っています。

f:id:StrawberryNews:20210714231130j:plain

布ポーチ

なんて事のないポーチですが、地味にうれしいです。

 

さらに、商品が梱包されている緩衝材にもロゴが。

f:id:StrawberryNews:20210714231226j:plain

緩衝材にもロゴ!!

これにはこだわりさえ感じられました。

これ、普通に配送業者である佐川急便のステッカーの裏に隠れていますので、気が付かない人も多いと思います。

思わず捨てられなくなりました。

これは反則!ダルマオーディオ「HATSU-Pro」を購入

チューニング前の「HATSU(初)」は視聴していないのでわかりませんが、この「HATSU-Pro」はダメです。3,800円で販売してはダメです。

売り切れ前に入手することをお勧めします!

 

f:id:StrawberryNews:20210713221615j:plain

HATSU-Pro 本体

付属品は(初)に比べ少し寂しい感じがします。それは「音質変更用フィルター

」がない事です。

もちろん、チューニングにより完成された音と思えば、フィルターを張り替える必要もないとも言えますし、実際必要ないと感じました。

 

本体はとても小さな真鍮の筐体で、8mmのダイナミックドライバー一発の構成。真鍮の重量感はあるものの、耳へのおさまりは良く、長時間の装着も全く苦にならず。

また、中華イヤホンでは一般的ともいえるシェア掛けでもないため、つけ外しも容易です。

f:id:StrawberryNews:20210713222149j:plain

イヤーピース側 フィルターが見える

ステムにはフィルターが見られ、メッシュの細かい銀フィルターの上に、黒フィルターが付いているように見えます。

銀、黒の組み合わせは、他のダルマオーディオのイヤホンでも基準となっているようですので、この組み合わせがベストなのでしょう。

 

f:id:StrawberryNews:20210713222341j:plain

背面側にもフィルター?

背面にはベントがしっかりとあり、こちらにも一見してフィルターが付けられています。

開放型をうたっているだけあり、音楽再生時に耳を近づけると、しっかりと音が抜けているのがわかります。電車等での大音量には注意が必要です。小音量ではもれませんけどね。

 

 

肝心の音質はまだまだエージング前の箱出し状態ですが、それを加味しても素晴らしいの一言です。

ハッキリ言って、5,000円未満ではマストでしょう。

同社のT-500Proに全く負けてないんですよ、、、ええ。

 

中低音が音の中心になりますが、刺さりのない高音もしっかりと主張してきます。

解像感も高く、曇りはありません。

音場は若干狭いですが、それも極端ではなく。

小さな筐体からとんでもない音が出ます。

 

唯一、リケーブルできないのがなぁ。

断線が怖いところです。

 

 

あと、「HATSU-Pro」には未発売のイヤーピース「Bee」が付属しています。

が、もう1種類付属していたイヤーピースが秀逸です。

f:id:StrawberryNews:20210713225729j:plain

名もわからないイヤーピース

ダルマオーディオのイヤーピースには名前が付いているものが多いのですが、こちらのイヤーピースの名前はわかりませんでした。

ただ、これまでメインのイヤーピースであったfinal Eタイプ CLEAR」を超えてきました。完全にメインイヤーピースに格上げです。

 

こういう安くておいしいイヤホンに出会えるからこそ、イヤホンが増える一方でもあるのですね。

ダルマオーディオ「T-500Proアップグレードキット01」の追加分を購入

KBEAR Believeを知り、ダルマオーディオ沼に自らハマりました。

T-500Proを購入し、アップグレードキットの販売を知ったところですが、最初の販売時には数時間?数分?で売り切れてしまったため残念な思いをしていたところです。

その後再販を信じ、販売サイトのチェックを続けていたところ、一か月程経過したところで「在庫残り僅か」を見つけ、即購入した次第です。

 

f:id:StrawberryNews:20210713202925j:plain

「T-500Proアップグレードキット01」の内容

今回、運よく購入できたキットですが、実は公式サイトの情報や写真とは少し異なる内容でした。

まず、イヤーピースの内容が違う点です。

f:id:StrawberryNews:20210713203147j:plain

イヤーピース6種類

実際に同封されていたイヤーピースは、左から

「不明」

「不明」

「Snow White」

「不明」

「椀-WAN-」

「-Toy Lens-」

になります。

 

公式サイトでは

f:id:StrawberryNews:20210713203727p:plain

ダルマオーディオ公式サイトより引用

この通り、黒色のイヤーピースの代わりに「-Wild Horse-(黄)」が入っているので、ちょっと試聴してみたかったのが正直なところです。

個人的には「椀-WAN-」以外はどれも使いやすく、イヤーピースの選択肢が増えて楽しめそうです。「椀-WAN-」はちょっと耳が痛くなりますね。

 

続いて、2点目の違う点ですが、音質変更用フィルターシールが4種類ある点です。

f:id:StrawberryNews:20210713205029j:plain

銀フィルターが2種類

白フィルター、黒フィルター、銀フィルターに加え、もう一種類の銀フィルターが同封されていました。

銀フィルターはそれぞれメッシュがことなり、上記写真左のフィルターは見たことがありませんね。

 

違いは以上2点になります。フィルターで楽しめそうですので、個人的にはイヤーピースの違いも問題なしです。

 

f:id:StrawberryNews:20210713215323j:plain

付属のケーブル、詳細は記載なし

付属のケーブルは一見安価な中華イヤホンに付属するような細めのケーブルですが、試聴してみるとこれがなかなか。2000円でセット販売されているケーブルとは思えないほどの情報量を得られるケーブルで、アンバランス接続時は積極的に使っていきたいと思わせるほどです。

 

ということで、価格からは非常に満足度の高いセットとなっています。

入手難度が高いのが問題ではありますが、再販の可能性や、「01」とありますので第二弾、第三弾が発売されても面白いかもしれませんね。