こともの

調べたことをまとめ、買ったものをレビューするブログ

究極のカメラバッグはただの袋?ブロガーズトートはやはり最強のトートバッグだった

最近は増えすぎたカメラバッグの整理をするようにしています。
もちろん、用途や場所によって使い方が異なりますので、一つのカメラバッグに絞り込むことはできません。
ですが、あまりにも持ち出しのないカメラバッグが増えていくのも困りものですの で、思い切って本当に必要なのかを考えてみることにしました。

使用中のカメラバッグ

マスタートラベラーズカメラバッグ

現在一番利用頻度の高いカメラバッグになります。
普段はメッセンジャータイプとして、重量級の荷物を持ち運ぶ際にはリュックタイプに変形させて使用できるため、どんな場面、荷物でも使用することができるカメラバッグです。
カメラバッグ自体が大型なため、少し大げさすぎる感はあります。
手放すことは全く考えられないカメラバッグです。

Acru Bono

レザーのカメラ製品を取り扱うアクリュのショルダーバッグであるボノです。
フルレザーの所謂おしゃれバッグの部類ですので、所有感は抜群ですが、実用面でいうといまいちかもしれません。
容量としてはカメラボディ+レンズ2,3本を収納することができますが、バッグ自体の重量が重いこともあり、ストラップ側の肩の負担は相当なものになります。
カメラバッグの収集自体が趣味であれば最高のバッグですが、実用面ではあまり優れていないため、売却も考えています。

アブラサス とれるカメラバッグ

カメラ好きには有名なカメラバッグです。
すぐに”撮れる”カメラバッグとして考え抜かれたとても使いやすいカメラバッグです。
撮影モードというバッグを体の前に持ってきさえすれば、撮影に関する準備は万全となります。
カメラの取り出しからレンズ交換まで、思うがままにスムーズに対応できます。
持ち運び時にはメッセンジャーバッグとして体に密着させることができますので、重量級のレンズを収納してもなんとかなってしまいます。
コレだけでも十分に機能的なバッグなのですが、ほぼ完全防水な点も見逃せません。
撥水加工された本体と止水ジッパーによって、悪天候時の安心感は他のバッグには変えられない点です。
小型軽量で機能的、耐環境性も備わった素晴らしいカメラバッグです。
実際にブラックとグレーの2色を使い分けていますので、こちらのバッグも手放すことはないでしょう。

アブラサス ブロガーズトート

とれるカメラバッグと同様の企画から開発されたトートバッグの”ブロガーズトート”です。
カメラバッグでもないトートバッグで、もともとはノマドワーカー向けのなんでも自由にポンポン荷物を入れられるトートバッグです。
内部は荷物の仕分けができるようにポケットが豊富に配置されており、PCスペースやA4書類にも余裕で対応しています。
バッグの外側はとれるカメラバッグと同様に撥水加工がされており、悪天候に強いばかりか、地面などにも気軽における点は見逃せません。
トートバッグとしては破格に大容量であるにもかかわらず、バッグ自体の重量は非常に軽く作られているため、インナーケースを併用して、カメラバッグとして使用しています。
トートバッグ型のカメラバッグの最大の利点は、カメラの取り出しが非常に容易であるという点です。
バッグの蓋を開けるという作業がないだけで、バッグからカメラを取り出すほどでもないな…という一瞬のためらいをなくすことがっできます。
究極に言えばカメラバッグはブロガーズトートのみで十分とも言えるほど、使い勝手の良いトートバッグです。

Acru コルメナtypeII

こちらは正真正銘のトートバッグ型のカメラバッグになります。
レザー用品を扱うAcru製ということもあり、レザー使いが実にかっこいいカメラバッグです。
非常に大容量なバッグで、付属のパーテーションを使えば、数泊程度の旅行もこなせてしまうほどです。
細かな仕切りも多数あり、内部にはPC用、A4書類用のスペースがあり、外側にもスマホ用や小物入れまで完備されています。
更にペットボトルを収納する外付けのケースもあり、あらゆる荷物の収納に困ることがありません。
また、トートバッグではあるのですが、厚めのパットがついたショルダーベルトも付属されており、このショルダーベルトが不思議と体にフィットして、実重量以上に軽く感じられるバッグでもあります。
同社のボノと比べ、実用面にも優れるバッグであることと、販売数・期間とも短かったこともあり、あまり世に出回っていない貴重なバッグでもあります。
今後も使い続けていきたいと思います。

その他のカメラバック

その他にも、
nadowa velo
monogram のショルダーバッグ
ona brixton
ona Astoria
アブラサス ひらくPCバッグ
PeakDesign エブリデイバックパック
PeakDesign エブリデイメッセンジャー
incase ari
等々、カメラバッグは多数を使用していますが、どれもオビタスキ状態となっています。

究極のカメラバッグはただの袋であるブロガーズトートか

カメラバッグの究極とするところは”ただの袋”だと思っています。
カメラを無造作にバッグに突っ込んで、撮りたいときにサッと取り出す。
スナップ撮影にとってバッグから取り出すことをためらった時点で、カメラバッグとしての機能を成していないと思うのです。
その点でも、ただの大きな袋でもあるブロガーズトートは究極のカメラバッグなのかもしれません。
非常に軽くそれでいて丈夫、荷物の仕分けも豊富で自由自在に使える。
カメラバッグ以上に便利に使え、持ち出し場所や天候、荷物の大小を気にする必要もなく、いつでもどこでも気軽に持ち出すことができます。
カメラバッグ沼に沈みきった結果、もう、カメラ専用のバッグは必要ないということに気付かされました。
この記事を作成することによって、ブロガーズトートを使いたいと思うようになってきました。