ことものめも

調べたコトをまとめ、買ったモノをメモするブログ

カメラバッグ沼の中から理想のカメラバッグを考察するとトートバッグに辿り着く

カメラバッグ沼へようこそ

カメラを趣味にすると多くの沼に涼みこむことになる
レンズ沼
・カメラバッグ沼
・三脚、雲台沼

レンズ沼から抜け出すことはカメラを趣味にする以上無理な話だが、バッグ沼は一周すれば抜け出せることがある
ただ、リュックとショルダーに大別されるので、最終的な脱出は難しいかもしれない
ここではショルダーバッグ好きの自分へのメモとしてみたい

理想のカメラバッグは裸

究極のカメラバッグは「カメラをカメラバッグに入れないこと」だと思う
つまり「カメラバッグを持たない」こと
いつでも撮りたい瞬間に撮れることが重要
・ただこの考えはスナップ撮影を主にする自分の場合

究極はカメラバッグを持たないことだが、交換レンズを考えるとそうもいかない
・カメラを直ぐに取り出せ、しまえること
・レンズ交換が容易なこと
が、やはり重要だと考える

そのため、最良のカメラバッグはトートバッグであると気がついた
ショルダータイプはカメラバッグ重量物には優位だが、カメラを直ぐに取り出すことが出来ない
・カメラを取り出す事が億劫になると、写真を撮る機会が単純に減る
・撮影が目的の場合は最も優れたカメラバッグとなる

ショルダータイプのカメラバッグはスナップ撮影等、カメラの取り出しに優れる
・トートバッグとは違い蓋があるため、カメラの出し入れに手を焼く
・多くの荷物を詰め込むと、ストラップ側の肩がつらすぎる

トートタイプのカメラバッグはスナップ撮影には最適
・蓋が無いため直ぐにカメラを取り出し撮影、しまうことができる
・蓋が無いため雨等の侵入が心配
・肩掛けのため、バッグ側の手は少し不自由になる

紆余曲折あり現在のメインバッグは「nadowa velo」に落ち着く

トートバッグがスナップの理想ではあるが「トートバッグタイプのショルダーバッグ」はもっと理に適っていることに気が付く
・蓋の無いショルダーバッグ
・トートバッグにショルダーベルトが付いたタイプ
が、最終理想

nadowa velo はそれら理想を高次元で追求したバッグ
元々はカメラを入れられるトートバッグを作り上げたのが「nadowa」で、「velo」は斜め掛けショルダータイプのバッグ
www.nadowa.com
蓋もショルダーベルトの調節も金具も一切使っていない、帆布一枚のシンプルなバッグ
・蓋がないため、カメラの出し入れが容易
・軽い!金具や分厚い帆布を使ってないため、なんといっても軽量
・大容量
・丸洗いできる

わずか500g程の重量で、カメラバッグが重荷になることがない
・カメラやレンズの重さ、大きさを重視するが、カメラバッグの重さを考えたことがあるか
・トータルでの重さが最終的な重さ

トートバッグの用に使えるショルダーバッグがnadowa velo
持ち出しやすい軽さと、出し入れのし易い構造で使用頻度の一番高いカメラバッグとなった


スポンサードリンク