こともの

調べたことをまとめ、買ったものをレビューするブログ

リュックタイプのカメラバッグは、おすすめのこの2つから選ぶだけで解決!

カメラバッグを選ぶのは本当に難しいですよね。

世の中には数多くのカメラバッグがあふれていますので、後悔しないカメラバッグ選びをしたいものです。 

 

 

そこで、これまでに数十種類ものカメラバッグを使ってきた私の経験をもとに、今回はリュックタイプのバッグから、おすすめの2種類を厳選して紹介します。

どちらかのバッグを選べば決して後悔することはないでしょう。

 

おすすめのカメラバッグ、バックパック

ピークデザイン「エブリデイバックパック

ここがおすすめ 

バッグ横からのカメラの取り出しに特化したカメラバッグで、スナップ撮影が捗るカメラバッグです。

f:id:StrawberryNews:20180929101751j:plain

リュックタイプにもかかわらず、バッグを地面に下ろすことなく、スムーズにカメラの出し入れができる構造になっています。

 

バッグ内を仕切る「ディバイダー」が非常に優秀で、機材に合わせて形を変えられる独自のものです。

ディバイダー単体での発売がされていませんので、これを目的にピークデザインのカメラバッグを購入する人がいるほどです。

 

小物入れも充実しており、予備バッテリーやメディアの専用スペースもあります。

ちょっとした移動の際に使える「持ち手」がバッグ上部と左右の計3か所ついているのも、他のバッグにはあまり見られない利点です。

 

ここがあと一歩

ショルダーベルトが細身で薄いため、バッグの重量が増えると肩への負担がきつくなります。

カメラ機材は重くなりがちな傾向にありますので、この点は注意が必要です。

 

また、「ジェットブラック」という色を購入したのですが、このジェットブラックはとても傷が付きやすい、目立ちやすいという難点があります。

決して安い買い物ではありませんので、できれば他のカラーを選ぶことをおすすめします。

 

商品リンク

 

初代・Enduranceエンデュランス

ここがおすすめ

大容量の最強カメラバッグです。

プロカメラマンの中原一雄氏が、こだわり抜いて作り上げた理想のカメラバッグになります。

 

メイン気室の容量が多いことや、カメラの取り出しがしやすいのはもちろんですが、最も気に入っている点は「外ポケットがとても多い」ところです。

PC専用のスペースが1ヶ所、小物スペースが5ヶ所もバッグの外側からアクセスできる場所にあります。

ここまで豊富なポケットがあるバッグは見たことがありません。

予備バッテリーや予備メディア、ブロアやレンズペン等、カメラに必要な小物はもちろんのこと、財布やスマホ、車の鍵や手帳等、日頃持ち出すものも全てバッグ内に収めることができます。

 

カメラのを収納するバッグ下部はカメラ本体+交換レンズ4〜5本は持ち出し可能です。

更にバッグ上部にはその他の手荷物を入れる大容量の収納スペースがあり、よほどのことがない限り、バッグ容量で困ることは無いはずです。

ここがあと一歩

カメラはバッグ正面からはもちろん、バッグの横からも取り出せる構造となっているのですが、その横のジッパーがあまりスムーズではありません。

ジッパーを開ける際、カーブ部分で引っかかりがあり、ちょっとコツが必要となります。

 

商品リンク

 

まとめ

リュックタイプのカメラバッグにも選択肢はたくさんありますが、今回紹介したどちらかのカメラバッグを選べば間違いありません。

色々なカメラバッグを買って後悔するくらいなら、遠回りせずにどちらかのバッグを購入することをおすすめします。

大容量が必要ならエンデュランス、そうでないならエブリデイバックパックがおすすめです。