読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こともの

調べたことをまとめ、買ったものをレビューするブログ

エレコム製イヤホン BA型ドライバ EHP-BS100「AQUA」をレビュー!低音が出ていないは本当か?!

イヤホン スマホ レビュー 趣味

先日、Amazonで投げ売り状態であったエレコムのイヤホン「EHP-BS100」を4,000円弱で購入しました。
これまで、イヤホンを使用する機会もあまりありませんでしたが、1年ほど前の発売当初は15,000円ほどで売り出されていた高級イヤホンですので、ものは試しと買ってみました。

EHP-BS100を調べてみると「低音がまったく出ていない」という評価がある一方で「しっかりと低音が鳴っている」と評価する人もいます。
その理由もわかりましたのでレビューしていきたいと思います。


スポンサードリンク



イヤホンの基本「ダイナミック型」と「バランスド・アーマチュア(BA)型」

EHP-BS100をレビューする前にイヤホンの基本とも言うべき点を押さえておかなければなりません。
f:id:StrawberryNews:20160929144314p:plain
それぞれの型でまったく構造であることがわかると思います。

ダイナミック型は

磁石の作る磁界の中で音声電流が流れるコイル(ボイスコイル:voice coil)にローレンツ力が発生し、コイルに取り付けた振動板を振動させる方式である。ダイナミック型は、電流に対するローレンツ力を線形にする設計が可能であり、無電流のときコイルに力が発生せず振動系の支持を柔らかくできるため、低歪と広い再生周波数帯域が両立できる非常に優れた方式である。

ということで、低音に強いという特徴があります。
また、構造が単純であるため、安価なイヤホンから高級イヤホンまで幅広く使用されています。

一方、BA型は

鉄片の振動を細い棒(ドライブロッド)で振動板に伝えて振動させる方式
ダイナミック型と比較すると、吸引力が非線形なため歪が出やすく、鉄片が磁石に吸着してしまわないように振動系を固く支持する必要があるため、周波数帯域が狭くなるという原理上の欠点がある

これだけを見るとデメリットばかりのようですが、中高音域の優れた設計が可能というメリットがあるようです。
ただ、ダイナミック型と比較すると低音が弱いというのは覆らない事実のようです。

エレコム EHP-BS100はBAドライバ一基を搭載したシングルBA

BAドライバは構造が複雑で開発元が少ないため、BAドライバを使用するには利権がからむようです。
ですので、一般的にBAドライバ搭載のイヤホンは価格が高くなってしまうらしく、低価格帯にはBAドライバを搭載したイヤホンは多くありません。
ただ、EHP-BS100が搭載しているBAドライバはKnowles社製の高級BAドライバで、非常に魅力的に見えました。

開封レビュー

元箱は高級感にかける点が残念

元箱はシンプルな良くも悪くもエレコムって感じです。
f:id:StrawberryNews:20160925094008j:plain
最近は中華ガジェットでも高級感のある工夫を凝らしていますが、昔ながらのただの箱です。

f:id:StrawberryNews:20160925094046j:plain
裏面には特徴、使用、付属品等、商品に関する一通りの説明書きがあります。
改めて見てみると、日本の製品の真面目なものづくりが感じられますね。

f:id:StrawberryNews:20160925094409j:plain
元箱を開けるとAQUAの名前をイメージさせるデザインが目に飛び込んできます。
f:id:StrawberryNews:20160925094444j:plain
更に一枚めくると、ただのプラスチックとただの一枚ぺらの紙であることがわかります。
ここはもう一工夫高級感を出す演出が欲しいところです。
仮にも定価が2万円台後半ですので、安価な製品とは差別化が必要だと思います。

付属品のイヤホンケースは地味に嬉しい

付属品を取り出すと以下のようです。
f:id:StrawberryNews:20160925094613j:plain
イヤホン本体、イヤーピース、収納袋と説明書になります。
本体の良さは別として、収納袋も高級感があって嬉しい限りです。
この収納袋を利用すれば、散らかりがちなイヤホンの持ち運びが楽になります。

イヤホン本体は高級感にあふれる真鍮製

f:id:StrawberryNews:20160925094814j:plain
AQUAの名前が現れやすい「シルバー」を選択したこともあって、鮮やかな青色が目を引きます。
真鍮製のボディは適度な重さと、ひんやりとした感触が素晴らしいです。
鏡のように反射するその姿は、眺めているだけでご飯3杯いけそうです。
あまりの反射ぶりに、撮影しているカメラが写り込んでいます。
f:id:StrawberryNews:20160925094912j:plain
画になるイヤホンも中々のものですね。

L字プラグを採用するも

f:id:StrawberryNews:20160925095120j:plain
プラグ部分はL字を採用しています。
イヤホン本体の高級感とは比較にならないほど…普通です。

エレコムのEHP-BS100「AQUA」は低音が出ない?!いや、出ます!

AQUAはBAドライバを採用しているため中高音域が得意なことは疑いがありません。
中高音音域はきっちりとキレイに表現され、ボーカルの響きなどはとても臨場感があります。
音の距離感までも感じることが出来、まさにその場にいるかのような感覚さえ味わえます。

さて、肝心の低音についてですが、低音も意外や意外、しっかりすぎるほど鳴るのです。
ただし、イヤホンのボリューム設定に秘密がありました。
f:id:StrawberryNews:20160925094959j:plain
こちらがイヤホン自体のボリュームを設定するスライドスイッチです。
このボリュームに秘密があり、イヤホンのボリュームを大にした時にはしっかりと低音が鳴り響きます。
逆にイヤホンのボリュームを小にしたときには低音がほとんど聞き取れなくなり、高温がうるさいくらいに響き渡ります。

店舗などで試し聴きをした程度でレビューをした場合、このコトに気が付かずに低音が鳴らないという評価につながっているのかもしれません。
音の性質をボリュームボタンで調整する事が出来ますので、自分好みの設定にすることができ、一度で2度美味しいイヤホンとも言えます。

まとめ

一般的には低音に弱いシングルBAドライバ搭載のエレコムAQUAですが、意外なほどに低音を鳴らすことができ嬉しい誤算です。
さらに低音がしっかり鳴っているにも関わらず、BAドライバ特有の中高音域の伸びやかさも加わり、音の広がりがすごいことに鳴っています。
遮音性もとても優れており、付属のイヤーピースでも十分に聴き応えのある音色です。
なにより、真鍮製の本体が所有欲まで満たしてくれ、見た目も音も素晴らしいイヤホンとなっています。

現在、まさに在庫一掃処分と言った勢いで安売りがされていますので、在庫が無くなる前に聞き惚れてみて下さい。
今のこの価格では絶対に味わえない音質を味わうことが出来ますよ!



以上、『エレコム製イヤホン BA型ドライバ EHP-BS100「AQUA」をレビュー!低音が出ていないは本当か?!』